院長に聞いてみた!スマイルアンドサンキューグループってどんな鍼灸・整骨院?

基礎知識

はじめに

都内で鍼灸・整体院を17店舗運営するスマイルアンドサンキューグループ。どのような特長を持つ鍼灸・整骨院なのか?CuraCare編集部が三茶しゃれなあど整骨院の若狭院長に根掘り葉掘り聞きました。

Q1:院の運営において、最も意識されていることは?

A:当院では「笑顔」を大事にしています。スタッフの対応はもちろん、患者様が「笑顔」で院を出られるよう、常に全力で治療させて頂いております。そして、「元気・活気・笑顔」をモットーに、初めての方でも入りやすい開放的な雰囲気を心がけております。明るく元気なスタッフが丁寧に対応させて頂きますので、症状やお悩みに関して、心配な事、不安な点があれば、気軽にご相談ください。

Q2:スマイルアンドサンキューの整骨院はどのような施術を行っているのですか?

A:一番の特徴は「オーダーメイド治療」です。疾患・症状という意味では、基本となる治療はありますが、100人の患者様がいれば、そこには100通りの人生があり、様々なバックボーンがあります。当院では、患者様のお話をしっかりと伺い、その方の目指すゴールまで導きます。もっといえば、ご本人様のまだ見ぬ先のゴールまで見据えています。

治療は、学術的にしっかりと理論づけられた「エビデンスのある治療」です。また、その方に合った、もしくはその方だけの治療内容や治療計画もご提案しています。痛みの原因や根拠、治療の内容をご理解頂けるまでしっかりとご説明します。

痛みを早く治したい、昔からの痛みを取りたい、原因がわからないけどとにかく辛い…など、お身体について気になる事があれば、まずはご相談ください。

整骨院がどのようなところなのかは、この記事内で後ほど詳しく説明しております。

Q3:「〇〇な治療を行ってほしい」などの要望がある際は、お伝えしてもよいですか?また、要望通りの施術を行って頂けますか?

A:ご要望はしっかりと伺います。ただ、皆様のお身体を治していくうえで、同時に行った方が良い治療など、ご希望とは別の治療をご案内する事もございます。もちろんその際には、きちんとご説明させて頂きますので、不明点などあれば、遠慮なくお申し付けください。しっかり話し合うことで、それまで思ってもみなかった効果の高い治療と出会えることもあります。

Q4:治療の流れを教えてください。

A:初回はお身体の事、お悩みの症状などを問診でしっかりと伺い、検査で確認した上で施術を行います。特殊治療などを行う際には、それがどんなものなのか、どんな効果が期待されるかなど、細かくご説明しています。また、症状の経過や見込み、日常生活での注点、ご自身で行える処置や運動などもお伝えします。治療ペースや来院予定なども含め、不明点や気になることがあれば遠慮なくお申し付けください。

Q5:整骨院の施術は痛いイメージがあります…

A:筋肉や関節、神経の状態が悪い場所へアプローチする際は、少し強い刺激となる場合がありますが、耐えられないような痛みを伴う事はありません。もし不安があるようでしたら、事前にお話頂ければ、出来る限り考慮して治療させて頂きます。一番大事なことは、患者様が安心して治療を受けられる事と考えています。

Q6.治療完了まで、何回くらい通院すればよいでしょうか?

A.症状にもよりますが、まず「患治」と言われる、痛みを取り切る段階までで3~5回。根本治療として痛みの原因を改善して、繰り返し痛みが起こらないようにする「根治」の段階で5回程度と説明させて頂く事が多いです。その方のお身体の状態や目指すゴールにより、少しお時間がかかるケースもあります。

Q7.産後の骨盤矯正は受けられますか?

A.お受けいたします。自然分娩であれば1ヶ月程、帝王切開の場合は3ヶ月程が目安です。個人差もありますので、担当されたお医者様とも相談しつつ対応をさせて頂きます。詳しくはスタッフまでお申し付けください。

Q.8子供連れ、ベビーカーでも大丈夫?

もちろん大丈夫です!ベビーカーはベッド脇まで入れますので、お子様の様子を見て頂きながら治療できます。また、治療中はスタッフがお子様の様子を見させて頂くことも可能ですので、遠慮なくお申し付けください。

まとめ

スマイルアンドサンキューグループは患者の健康と笑顔のために、一人ひとりと全力で向きあい、安心して身体を任せられる環境づくりに注力しているようです。また、体の不調を改善することに注力しているという点も印象的です。「これまでどこに行っても治らなかった…」「慢性のものとあきらめている…」。こんなお悩みのある方は、スマイルアンドサンキューが運営する整骨院を選択肢のひとつとすると良いかもしれませんね。

CureCare編集部では今後も皆様の健康に役立つ情報を発信していきたいと思っています。

記事協力(敬称略)
三茶しゃれなあど整骨院・鍼灸院 院長
若狹 和人 

タイトルとURLをコピーしました